各部門紹介
トップページ > 看護部門

看護部長よりご挨拶

信頼される地域密着型病院を目指して

 幸栄病院は、90床の療養型病院です。看護部門は外来、2階病棟、3階病棟の3部門で構成されています。
病院理念「優しさ・ふれあい・対話」に基づき、24時間患者様の身近で看護・介護を提供しています。
看護は、よく看て、耳を傾け、しっかり聴き、手で触れ感じること、患者様やご家族の想いに気づき、
一緒に考えることが大切だと考えます。そのため、院内・院外の研修参加や委員会活動に看護職・介護職とも
積極的に取り組み、安全で安心、安楽な療養環境作りに努めています。「この病院に入院して良かった」と
思っていただける、そして地域の方々に愛され、信頼させる病院を目指し、より一層の努力を重ねていきます。

看護部長 坪内 基生


2階病棟よりご挨拶

 当院は療養病院であり、2階病棟は患者様に向き合う時間を大切にし、寄り添った看護を提供できるように
心がけています。患者様、ご家族が安心して入院生活を送って頂けるよう、看護師、看護補助者が協働し、治療や
日常生活の援助をさせて頂きます。そして、一人でも多くの方の笑顔が見られる、病棟でありたいと思っています。


3階病棟よりご挨拶

 3階病棟は、患者様や家族の気持ちに寄り添えるように心がけて看護を行っています。
高齢の患者様、認知症の患者様が多く、入院先は自宅や施設と様々です。できるだけ早く、入院前の生活に
戻れるように医療スタッフと連携を取り、退院調整を行っています。スタッフ一同、信頼される看護が
できるように努めていきます。